ともに跳ぶために。Kyowa Planning

ご挨拶

時代は、変革と対応へのスピードを要求しています。
同時に今日、広告の果たすべき役割も大きく変わって来ていると言われております。
広告主のニーズは広告コミュニケーション活動に、より明確な結果を求め始めているからに他なりません。
メディアを通じて商品の訴求内容を告知していればよいという時代は終焉しつつあるのです。
広告会社には、より「立体的」な組み立てにより「成果」が分かる広告コミュニケーションの提案力が求められています。
共和企画ではお客さまと、ひとつひとつの仕事を通じて“やりがい”や“誇り”を共有し、「ともに」をテーマに、日々努力を重ねております。
そしてお客さまの感じている問題点や課題を共有することによって、より的確な解決方法を提案し、より満足度の高い広告コミュニケーション活動の実施に向けて、共に歩んで行きたいと考えています。
お客さまの発展なくして広告会社の発展はあり得ません。
広告主の商品、サービスのポテンシャルを最大限に発揮できる広告コミュニケーション活動の提案。
当社は、その期待に全力で応えることをお約束申し上げます。

株式会社 共和企画 代表取締役 高橋源治